YUKI’Sあーとわーくす by YUKICREATE立体造形作家のお仕事ブログ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
イタリア写真 00:00



有名建造物や観光地は、目と脳裏にしっかり焼き付ければ後は写真集やガイドブックを見れば充分。

それより自分にしか撮れないワンシーンを残したい、と思って撮っていたけどかなり枚数撮ったので
どこで撮ったか分からなくなったものもあせあせ
しかも素人なものでボケもいっぱい。でも結構好きなシーンもありますw

今回は「光と影」なテーマで14枚アップ。
続きをクリックしてみてね。




続きを読む >>
| イタリア旅行記 | comments(0) | - | posted by YUKIくりえいと (YUKI SEKIGUCHI)
色に魅せられる 00:00
何故か、色が恋しくなりました。またべネツィア編です。




ハイクラスなゴンドラ。







イタリアといえばアズーリブルー。














あお。





あか。






きいろ。






ここにずっと居たかった。




| イタリア旅行記 | comments(0) | - | posted by YUKIくりえいと (YUKI SEKIGUCHI)
tourists in Venice 00:00
イタリア最初の滞在地、ヴェネツィア。

カーニバルの季節と言うこともあり観光客も多かった。欧州の人が多かったかな。
ローマと違って日本人は少なめだった気がした。なので人もなんだか絵になる。
そんな人たちの写真を集めてみた。









こんなバカップルになりたい。























子供はかわいいなー。欧州の子は本当にお人形さんみたい。







ケチケチな旅でゴンドラに乗れなかったので次は乗りたい。





水上バスには沢山乗った。











人、ひと、ヒト。






夜のサンマルコ広場。カメラ持ってたら近づいてきた若者。近づきすぎです。



| イタリア旅行記 | comments(0) | - | posted by YUKIくりえいと (YUKI SEKIGUCHI)
ローマ 00:00


バチカン






雨上がりのローマ



最近写真をちゃんと撮ってないなあ。曼珠沙華も撮りにいけず終わってしまいました。
相変わらず一眼レフは使いこなせてないのに、新しいカメラが欲しくなりました。

今度ドイツに行くときはキャノンかな、やっぱりwww

| イタリア旅行記 | comments(0) | - | posted by YUKIくりえいと (YUKI SEKIGUCHI)
ポンペイ遺跡 00:00



ナポリからローカルな電車に揺られること1時間弱。

ポンペイは、ヨーロッパ大陸唯一の活火山ヴェスヴィオ火山の裾野にあり古代ギリシャ・ローマ時代に栄華を誇った産業都市でした。
ところが紀元79年8月24日にヴェスヴィオ火山が大噴火を起こしました。
一瞬にしてポンペイは厚さ14mの火山灰の下に埋もれ、ポンペイの町は完全に壊滅してしまいました。







ポンペイ遺跡が発掘されたのが18世紀半ばでした。それまでずっと都市は地中に眠り続けていたわけです。








今も尚、あちこちで発掘作業が行われていますが、広大な土地でまだまだ未発掘で立ち入り禁止区域が沢山ありました。









発掘されたところには、新しく蒼々と緑が生い茂りまるで絨毯のよう。
青い空と緑と、朽ち果てた建物のコントラストが本当に美しくもあり哀しい表情も見せていました。






大理石の柱からみえるレンガ。







途中真っ暗な雲が出てきて天候が急変したりまたお天気になったり、不思議な世界に来たそうでした。







町に残っていた人々は火山灰の中に埋もれて死にました。
ほとんどが、火山灰を吸い込み二酸化硫黄(?)中毒で亡くなったそうです。

ポンペイでは高価な宝飾品が沢山出土されていますが、人々はこうした財産を持ち運びしようとして逃げ遅れたようです。
つまり富裕層?その割合は1割から2割。財産欲がもたらした悲劇です。

・・・地震・天災のときの為に肝に良く命じよう。って、財産ないけど。


発掘されたとき遺体部分だけが腐ってなくなり、火山灰の中に空洞ができていたので、考古学者たちはここに石膏を流し込み、人々が死んだときの形を再現しました。
それには当時の大惨劇の様子がよくあらわれています。とても生々しいです。






ポンペイは古代ローマがそうであったように、町も大変整備された都市でした。
高いレンガで囲まれた各家屋と規則正しく並んだ道。
遺跡の中を夢中で歩いて中に入りすぎると、迷宮に入り込んだようになってしまって道に迷います。
出土品をみるため目的地に行くのも大変です。






2月だと言うのに、タンポポが。
タンポポも雑草も半分枯れているであろうツタも、時が止まったような都市の中で強い生命力を誇っていました。


去年、文化村でポンペイ展として発掘された出土品の展覧会がありましたが、
やっぱり現地でみたポンペイ遺跡はスケールも印象も違いました。

ここは本当にすごい!南イタリアに行く方は絶対見て欲しいです。

ちょっと遠かったけれど、頑張っていったかいがありました。
しかも開園にあわせていったのに、スタッフミーティングとかで開園が平気で1時間もおくれていました。
おいおい(^ ^;) そんな前情報全然なしですよ、イタリアらしい?!

参考:Wikipedia ポンペイ


| イタリア旅行記 | comments(0) | - | posted by YUKIくりえいと (YUKI SEKIGUCHI)
もう9月 00:00



早いですね、もう9月。
イタリア旅行記も結局あまり書かずにはや半年が経ってしまいました。写真は時々見てます。
ベニスカーニバルの仲良さそうな素敵な仮装カップル。いいな。







カーニバルでは仮装した人も沢山いて、そして夜はあちこちでカラフルなライトが建物を照らしていました。
これはリアルト橋。こんな光景普段では見れません。
ゴンドリエーレのボーダーシャツがいい。


今週はマイバースディウィーク!!
でも最近物欲がないので欲しいものがない。。。。
特別なことは何もないけれど、それでもなんとなく気分的にいつもより楽しく過ごせそうな気がします。
またひとつ年を取るのは悲しいですけどね〜。今年の目標はアンチエイジング?!笑


| イタリア旅行記 | comments(0) | - | posted by YUKIくりえいと (YUKI SEKIGUCHI)
トレヴィの泉 00:00


ローマ、トレヴィの泉。
「泉を背にして2枚のコインを投げると、1枚目がローマに再び帰らせてくれ、2枚目が願い事をかなえてくれる」
という言い伝えは有名ですね。

早朝に行ったのでまだ人もまばらで全景が撮影できました。
(このあとツアー団体など来てとても写真が撮れる状態ではありませんでした。)

寄り添う恋人同士が素敵。
きっと彼らの2枚目の願いは「二人で仲良くずっと一緒にいれますようにラブ」だね。
恋をするって素敵なこと。いくつになったってトキメキは大切。
冷め切った社会の中で、情熱的な恋愛がバカにされがちだけれどそれは絶対違うよね。

恋心バンザイ。





女性の警察官さん。
なにかもめごと?ワンちゃんが一言いってるよ。「あたしもコインを投げたいわよ」



| イタリア旅行記 | comments(0) | - | posted by YUKIくりえいと (YUKI SEKIGUCHI)
ベッキオ橋 00:00


フィレンツェ、アルノ川にかかるベッキオ橋。
なんだかブロックを繋げたりくっつけたりして出来たような可愛い橋です。
丁度日没の美しい時間にアルノ川沿いを歩きながら橋の上へ向かいました。







遠くで見た印象と違って、橋上には宝石店が立ち並んでいました。
どこを見てもキラキラしていて眩しかったな。
三日月がひょっこり顔を出していました。


| イタリア旅行記 | comments(0) | - | posted by YUKIくりえいと (YUKI SEKIGUCHI)
写真・ロザリオ 00:00



一眼所持してもう一年と3ヶ月になりますが、
あまり写真の勉強もしてないのであいかわらず技術的なことも分からずじまいです。

一番困ったのが、イタリアで教会などの建物の中。
内部撮影は可能でしたが、三脚使用してはいけないので美しいステンドグラスなど一枚も綺麗に撮れませんでした悲しい
相方さんのコンパクトカメラのほうが良く写っていたりしてあせあせ

この画像は天井画。
天井にレンズを向けて、床にカメラを置いて撮りました。
ぷくぷく手足の天使が可愛いね。


イタリアではあちこちで復元作業が当たり前のように何ヶ月も行われていて、
建物が工事の壁で覆われていることが多くです。
そのため観光パンフレットに載っているように、名所全部が綺麗に見られるタイミングは100%不可能に近いです。

それでも私はすごく幸運なほうでした。

それから絵画も海外出張していることも多く、
今年は特にイタリア政府が日本に向けてかなり沢山の芸術作品を提供することに力を入れているので、
イタリアに行かれる方は要注意です見る










これはバチカンの中。
ほんの数分光が射していて、本当に天使が舞い降りてきそうな瞬間でした。









バチカン内ショップで本物の?ロザリオをゲット。
ペンダントかと思っていたら、お祈り用なので数珠型で輪にクロスがぶら下がっていました。
輪の部分のチェーンをひとつ切って、アクセサリー用のカニカンをつけました。
オリジナルペンダント、出来上がりです。







| イタリア旅行記 | comments(0) | - | posted by YUKIくりえいと (YUKI SEKIGUCHI)
ベニスのショーウィンドウ 00:00



ベニス・サンマルコ広場に面したバールのウィンドウ。
形が可愛くてカラフル、見て楽しくなるようなボトルが並んでいます。

手前奥には、私がこの世で一番大好きなチョコレート、バッチのロングケース。
奥の奥には、これまた大好きなチュッパチャップスがあります。

そしてイタリアンブルーに染まったウィンドウに移るサンマルコ寺院。

素敵な一枚でしょう?


イタリアで一番好きなのは、やっぱりベニス。
車の多いイタリアの都市の中で、ここだけはまったく違う世界。
初めて行ったのに、懐かしさや愛おしさが私の心の中で毎日充満していました。



| イタリア旅行記 | comments(0) | - | posted by YUKIくりえいと (YUKI SEKIGUCHI)
| 1/2 | >>